おせち通販!おすすめの高級料亭のおせち大集合!

2017年通販で人気の高級おせち、高級料亭のおせちを厳選紹介!

おせち通販!おすすめの高級料亭のおせち大集合!

やっぱりお正月は家族みんなでおせちがいい!
従兄弟も、ご近所さんもみんなでたべると、何倍も美味しいのがお正月のお料理!
なかでも欠かせないのがお正月のおせち料理!
おせち料理が食卓にならべばそれだけでみんなハッピーですね!
おせち料理

ふく吉 祭り膳宝


ふく吉 祭り膳宝を準備しておくと、新年を迎えられる喜びがますます大きくなるのではないでしょうか。豊富なメニューや豪華な盛り付けの美しさに、家族みんなの心に残るお正月を過ごすことができそうです。
いかの魚卵詰め  魚卵はおせちにある定番メニューですが、いかに詰められているということなのでイカと魚卵が、どのように味を引き立てあうのか楽しみです。黒豆(金箔)  お正月らしく、金箔がまぶしてあります。小さなお子様は、本物の金箔を見たらお喜びになるのではないかと思います。
りんごと豆腐のパイ包み りんごと豆腐という、あまり見かけない組み合わせですが、パイに包まれているということで、今までにない食感と味を楽しめると思います。蟹爪  真ん中に大きく盛り付けられた蟹の爪は、おせちの豪華さを表現していると思います。
小豆と栗のおこわ、きのこのおこわがついてきます。一つ一つ、分けられているので、みんなが食べたい分だけを食べられるので便利です。また、二種類の味が楽しめるところも、特典にもかかわらずこのようなサービスをしてくださるふく吉さんのおもてなしの心が感じられます。
55種類もの豊富なメニューで、ここまでの種類は外食などでは食べることのできないメニューの多さだと思います。また添加物も極力使わないようにしていだだいていることで、小さな子供にも安心して食べさせることができるので助かります。和洋折衷なので、子供に日本の文化も教えながら、洋食の美味しさを味わうこともできて家族みんなに好評だと思います。

「や満文 青木庵 福舞

海老がいてカニがいて鮑がいて!ここは竜宮城かいな~!こんな豪華なおせちはめったに食べられません。しかも、あの京都祇園の名店「や満文」青木庵のおせちでっせ。京都らしい繊細な味付け、目でも楽しめるこの華やかさ、もうたまりません。
青木庵の店長が厳選した素材から作られるこれぞ京料理の数々、もうどれをとっても逸品ぞろいです。さわらの西京焼きもいいお味に出来てます。お子様も喜ぶ紅白結び餅、きんとんも最高です。お正月です贅沢にふぐ刺し昆布なんかいかがでしょう。
鮑の旨煮がこれもう絶妙の歯ごたえとあとをひくいい味に炊いてあります。かに爪も豪華4本入り、黒豆にいたっては絢爛豪華な金箔入りとなっております。わたしの一押しのお料理が黒胡麻金時です。この優しいお味のなかに京料理の奥の深さを感じます。
鱈の煮付ですが、お口に入れた瞬間、口の中いっぱいに鱈の旨味が溢れてまいります。祇園の名店青木庵の味へのこだわりを感じさせる逸品です。合鴨燻製串は大人だけではなく、お子様も大好きなおいしさで、噛めば噛むほど合鴨のお味が染みだしてまいります。
とにかく普段はなかなかお目にかかれない豪華な素材と本当においしい料理ばかり、こんなおせちを食べてみたかったと家族みんなで申しております。できることなら毎年食べたいなんて言ってます。
やっぱり、祇園の名店 や満文 青木庵は素材と味へのこだわりが半端じゃないですね。ひとつひとつのお料理で、その素材のおいしさを120パーセント引き出している料理人さんの腕前がすごいと思います。くわえて青木庵のすごいところはお客様の声をもとに開発されているところです。毎年進化しているということです。

『祝い肴三種』とは、「お正月を迎え、祝うための最低限の品々」のことです。
関東と関西では、それぞれ違う三種(3種類のの料理)を用意します。

●関東の祝い肴三種
黒豆…黒色から「魔除け」を意味する。
田作り…「豊作」を願う。
数の子…卵の数が多いことから、「子孫繁栄」を願う。

関西の祝い肴三種

黒豆…「魔除け」の他、マメという言葉と掛けて「勤勉」「健康」を意味する。
数の子…関東と同じく、「子孫繁栄」を願う。
たたき牛蒡…豊作の時に飛んでくる黒い端鳥(ずいちょう/鶴や鳳凰のこと)に色や形が似ていることから、「豊作」を意味する。

 

御雑煮の由来

お雑煮

お正月には欠かせないお雑煮!家族みんなでお正月にお雑煮食べると美味しい!
このお雑煮の由来をご紹介しますね。
諸説があって定かではない。

説の一つは、平安時代の貴族の社交儀礼中の饗宴「大饗」が形式化した公家の有職料理の中の焼き餅を添えた吸い物が始まりとする説。もう一つの説は、餅や野菜、干物などを一緒に煮込んだ武家の野戦料理とする説。また、武家の礼法から生まれた本膳料理では、雑煮は献立の一番最初に出され、これを食べなければ宴が始まらないとされるほど、武家社会の饗宴には欠かせない物で、当初は食事ではなく、酒の肴だった。

正月に餅を食べる習慣は、昔から歯固めや食い初めの儀式と結びついており、元々は「烹雑(ほうぞう)」と呼ばれていた。「烹」は「煮る」という意味で、「煮雑(にまぜ)」とも言い、これを反転させたのが「雑煮」である。またもう一つの説は、年神(田の神)神饌説で、古来より日本では一日は夕方から始まるとする習慣があり、元旦は大晦日の夕方から始まるとされた。
大晦日の夕方に、年神に今年の豊作の感謝と来年の豊作を祈願して、餅や野菜を供え、日の出とともに下ろして、新年最初に井戸から汲んだ水と新年最初の火で煮込んで、元旦に食べたのが始まりとする説。

こんな素敵なお正月の過ごし方!

おすすめのお正月の過ごし方をご紹介!
お正月の過ごし方は毎年、家族と自宅で過ごします。大晦日に母と手作りで作ったおせち料理とお雑煮を食べます。 おせち料理の中身は黒豆、筑前煮、数の子、かまぼこ、田作り、車海老など、きちんと意味があるものなので、必ず食べています。
私の住んでいる香川県の雑煮は全国的にも珍しい、白味噌にあん餅が入ったお雑煮です。
でも祖母があん餅雑煮が苦手だったという理由で、子供の頃はあんが入った雑煮が郷土の雑煮とは知らず育ちました。
なので、大人になってから初めて食べて以来、あん餅雑煮の虜になっています。
雑煮にあんなんて気持ち悪いと思うかもしれませんが、とっても合うんです。これを食べないと新年が開いた気がしません。
そして、元旦に家族揃って初詣に行くことです。
地元の神社へお詣りにいき、厄除けで有名なお寺へも行きます。厄除けで有名なお寺では、祈祷をしてもらおうと厄年の人達が行列をつくっているので、込み合っている時間帯に行くと待ち時間が長くて大変です。
おみくじを引くと中にご利益のある金のアイテムがはいっているのでそれも楽しみなんです。
小槌ち、亀、熊手などが一緒に入っているので、それをお財布に入れて、お金に困らない良い年になるよう願っています。


通信販売のおせちはレベルが高くて大満足だからおすすめ!
おせちが美味しい!れんこん、かまぼこ、お重


おせちは自分で作る方も多いですが、通信販売のおせちが近年人気です。
新しい年、素晴らしいお正月を迎えたいですよね。
それには美味しいおせちは欠かせません。子供から大人まで美味しくいただけるおせちばかりを集めたおせち通販 2018はデパートや、百貨店、京都料亭などの高級おせちがリーズナブルな価格のおせちを色々な会社から選べます。各社を横断しておせちが通販できるので、お得におせちが手に入いります。
うに、鮑、伊達巻、田作り、紅白なます、栗きんとんなど、一流の味が楽しめますよ!

  
Copyright © 2009 おせち通販!おすすめの高級料亭のおせち大集合!. All rights reserved